百鬼夜行展とは?


愛知百鬼夜行展は、100名の作家で名の知れた妖怪から創作の妖怪まで各一体づつ描き、現代の世に百鬼夜行を築き上げる一大企画展です。
2015年の百鬼夜行展2016年の愛知百鬼夜行展に引き続き、2017年も愛知百鬼夜行展を行います。
私たち箱の中のユーフォリアは、日本で昔から愛されてきた妖怪というキャラクターたちに、現代の作家の手で新たな姿を与えたい!という気持ちでこの展示を企画行っております。既存の枠にとらわれない妖怪の姿かたち、解釈、いろいろな姿の妖怪があなたをお待ちしています。
古くから伝わる百鬼夜行の形も残しつつ、妖怪マニアの方も詳しくないけど好きという方も、妖怪史に名を残すかもしれない現代版百鬼夜行をご覧ください!

箱の中のユーフォリア主催の企画、愛知県で開催する百鬼夜行展の特設サイトです。

メールテスター


※5分以上経過しても受信できない場合は該当のメールアドレスに不着な可能性があります。

×