2016年謎解の答え


※この解答は謎解「鬼」の回答になります。普通難易度の問題は、解答を出すと橦木館の楽しみが半減される可能性もあり、会場内で探していただきたい観点もあるため、割愛します。その旨ご了承ください。

妖怪謎解(鬼)

●答え
部屋:和室(1),和室(2)
妖怪:青行燈,八面鬼,牛頭(馬頭)

●解き方
上部では東のほうの部屋で閲覧可能な場所は事務室横の閲覧場になります。玄関より、導線と、鳥のいる部屋で鳥の向いている方向にに沿うことでたどり着きます。
※ほかの解き方で別の部屋に導かれた場合、会期中は足元に指示書(ヒントシート)がありました。(畳の縁の無い和室2の台所側の部屋の机の下)
そこにある橦木館にある現在と今を照らし合わしている地図に重ねると、色で示している部分と、空白の部分をつなぎ合わせると、各自妖怪の位置がわかります。
また、重ねたあとに方角に基づいてずらすことで、空白部分に妖怪名を見ること、脱字、用法の間違っている使い方の文で見ることが可能となります。
橦木館にご訪問の折にお確かめください。
※解答を出すのは本来、想定はしておらず、緊急措置としてですので、会場で解ける方法でしか組んでおりません。ですので、その旨は平にご容赦願います。
※ご質問のある方はDaigonまでよろしくおねがいします。

「鬼」の配布数:30枚
総解答者:8名(中途解答者:5名/解答者:3名)

箱の中のユーフォリア主催の企画、愛知県で開催する百鬼夜行展の特設サイトです。

メールテスター


※5分以上経過しても受信できない場合は該当のメールアドレスに不着な可能性があります。

×