2017年愛知百鬼夜行展・特別企画


愛知百鬼夜行展では、妖怪や怪談に対する知識を深めてほしい思いから、展示期間中に本展示会場の文化のみち橦木館と箱の中のユーフォリア運営の画廊&雑貨屋「箱の中のお店」で様々なイベントを行います。
イベントにより日程が異なりますので、会期中何度か橦木館にいらっしゃる場合は定期観覧券(1年券)をご購入されるとかなりお得になるかもしれません!
さらに岩瀬文庫様ご協力のパネル展示スタンプラリーなどの継続的に行う企画や、外部で開催される連動企画もございます。詳細は下へ!

会場\日付8/5(土)8/6(日)
文化のみち橦木館1.レセプションイベント
・筑前琵琶弾き語り

(15-16時)
3.怪談朗読
(15-16時)
箱の中のお店6.百物語
(18-19時)
会場\日付8/7(月)8/8(火)8/9(水)8/10(木)8/11(金)8/12(土)8/13(日)
文化のみち橦木館休館日2.あいち妖怪保存会
妖怪語り

(15-16時)
4.赤井千晴の
怪奇紙芝居

(15-16時)
箱の中のお店定休日5.朗読劇「逢魔ヶ刻BOX」
(開場17時/開演18-19時)
6.百物語~夜の部~
(19時半-20時半)
会場\日付8/14(月)8/15(火)
文化のみち橦木館休館日
箱の中のお店

文化のみち橦木館・開催イベント

■8月5日(土)

●レセプションイベント・筑前琵琶弾き語り
時間:15:00~16:00
主催からの開催挨拶や橦木館に関わるお話の後、琵琶奏者・安井旭道様による弾き語りが行われます。
鬼に関連する「羅生門」と「綱館」の二曲が演奏されます。筑前琵琶の音色を是非ご堪能ください。

■8月6日(日)

●おんどくパフォーマンスによるー異類婚姻譚としての「鶴の恩返し」ー
時間:15:00~16:00
人間が動物を助けることによって、結婚や富など一時の幸福を得る。しかし、その正体知りたさに禁を破って一番大切なものを失う。
演出:斉藤じゅんこ
出演:田中郁子/芋/斉藤じゅんこ/就也/森らんぽ。/網谷真理子
音響:岩田千鶴

=出演者紹介=

<安井旭道>

名古屋市在住。中学生の頃、筑前琵琶と出会い高校入学と同時に筑前琵琶八洲流に入門。以来、名古屋を中心に各地での演奏会やライブなど様々な演奏活動を行っている。

=出演者紹介=

<斉藤じゅんこ>

俳優、”音読パフォーマンス”で演劇の裾野を広げる。
Dramma e Musica 名古屋盲人情報文化センター音訳スタッフ。
Twitter
■8月12日(土)

●妖怪語り
時間:15:00~16:00
あいち妖怪保存会の共同代表の島田先生が地元の妖怪などさまざまなことを様々な観点から語ります。

■8月13日(日)

●赤井千晴の怪奇紙芝居
時間:15:00~16:00
完全オリジナルの新ジャンル「怪奇紙芝居」が橦木館にやってくる!怪しく、恐ろしい世界をご堪能下さい。

=出演者紹介=

syozo

<島田尚幸>

あいち妖怪保存会 共同代表
怪談・妖怪・文学などを題材とした講演会・トークイべントに出演。雑誌等でコラムも執筆。
公式ブログ: http://blog.livedoor.jp/aichiyokai_p_society/
Twitter: https://twitter.com/aichiyoukwai
Facebook: https://www.facebook.com/aichiyokai.p.society

=出演者紹介=


<赤井千晴>

物語からイラストまで完全オリジナルの怪奇紙芝居を自作し、劇場やライブハウスなどで実演している。
ひとりで家に帰るのがちょっと嫌になる物語を目指しています。
紙芝居の他に、コント集団『劇団んいい』のプロデュースや宣伝美術等にも参加。
Twitter:@akairo172

箱の中のお店・開催イベント

■8月11日(金)~13日(日)

●朗読劇「逢魔ヶ刻BOX」
開場:17:00/時間:18:00~19:00
小泉八雲「衝立の乙女」を軸に、「怪しいモノ」との遭遇、交流、別離を描いた作品を朗読してゆく。

作品:小泉八雲「衝立の乙女」、merongree「河童とフィリップ」、夏目漱石「夢十夜 第一夜、第十夜」、飛田奈津「鬼渡りの扉」他

 =出演者紹介=


<飛田奈津>

就職等で離れていた舞台活動を2011年市民劇で再開。2013年、休止期間に考えたことをもとにすべての表現者のための「パフォーマーズ・パーティー」を開始。
現在は朗読や読み聞かせを中心に「なんか、楽しいこと」のパワーを信じてマイペースに活動中。

・経歴
最近の主な活動※( )内の数字は年
出演:STRAY☆CAT’S(2013,2015)、さむたいむユニット@いちご一会(2014)、豊田市美術館野外朗読劇(2013,2014,2015)、愛知百鬼夜行展(2015,2016,2017)
企画開催:怪談奇談!怪奇紙芝居!(2014)、大須百物語(2014)、パフォーマーズ・パーティー(2013,2013,2013,2014,2014,2017)


<灰谷霧人>

企画集団TR-M代表
歌・芝居・朗読を軸に活動するパフォーマーであり、
脚本・演出も手掛ける『なんでも屋』
今回は『怪異怪演』をモットーに闇の顔を見せる。13日のみ出演。
Twitter

<橘 美灯>

ボイスアーティストとしており、ライブでオリジナルのボイスドラマを語り継ぐ。
新たな表現を模索する若き表現者は、今宵どのような貌を魅せるのか。13日のみの出演。
■8月5日(土)、6日(日)/夜の部:11日(金)~13日(日)

●百物語
通常:18:00~19:00/夜の部:19:30~20:30

一般の方でも自由に参加いただける一般参加型企画です。
怪談が語られるごとに「蝋燭の絵」を破いていただきます。そして合計百話を目指します!
こちらはネットからのご応募も可能です。投稿いただいたお話は当日読み上げられます。
ネットから「お話」してくださる方はこちら!

■8月5日(土)~15日(火)

●百鬼露店
時間:平日12:00~19:00・土日祝11:00~20:00/水曜定休日

本展示と同時進行の妖怪グッズオンリー企画です。
参加作家のうち29名からグッズや雑貨などが販売されます。
詳細はこちら

会期中に継続的に行う企画

●岩瀬文庫協力・パネル展示
岩瀬文庫協力のもと、妖怪に関する資料のパネル展示を行っております。

●古書店Bibliomaniaの怪奇妖怪本コーナー
栄の特殊書店Bibliomaniaの店主自ら選書した妖怪に関する本を会場内に設置します。
妖怪に詳しくなれるチャンス!
Bibliomania公式Twitter

●スタンプラリー
名古屋周辺のお店を巡るスタンプラリーです。スタンプはすべて愛知由来の妖怪!
名古屋にも妖怪にも詳しくなれるかも?
6店舗のうち4店のスタンプを集め、「文化のみち橦木館」の本展示受付もしくは「箱の中のお店」店頭へお持ちいただいた方に、当展示オリジナルのプレゼントを差し上げます!その他の詳細は今しばらくお待ちください。
※スタンプは店舗の商品1点以上のお買い物、またはワンオーダー必須です。
※参加人数により先着順となる可能性がございます。
※台紙はプレゼント交換と同じ場所で受け取ることができます。

箱の中のユーフォリア主催の企画、愛知県で開催する百鬼夜行展の特設サイトです。

メールテスター


※5分以上経過しても受信できない場合は該当のメールアドレスに不着な可能性があります。

×